2010年03月04日

働き隊レポート:「夢」

エリアラボからこんにちは。
働き隊の松澤です。
今日はしとしと雨です。
大分の方言では、
「雨が降りよる。」
「雨が降っちょる。」を使い分けをします。
皆さん、違いがわかりますか??

昨日は、憧れのインタープリターREXのブログから、
「夢を100個書いてみる!」
というものを何となく自分でもやってみました。
ささやかなものでもとにかく100個。
書いてみて、100個を超えました。
どんどん出てきて、
自分にこんなに「夢」があるんだとびっくり。


さて、今日は双美さんと見たちょっとしたひとコマ、
幸せな風景をお届けしたいと思います。

たった二週間でしたが、
一緒に過ごさせていただく中で、
やっぱり何かしらの農ある暮らしがしたい、
お百姓さんのようになりたいなぁと、
実感を持って、考えるようになりました。
CIMG7238.JPG
「いりこの頭と腸とり」
美味しくするためのちょっとしたひと手間。
味噌玉のお出汁になります。

CIMG7244.JPG
「手作りかりんとう」
双美さんはひと手間を惜しみません。
家で食べるお菓子も手作りしたり、果物をむいたり・・
美味しい淡雪の作り方も教えてもらいました。
私もこういうお母さんになりたいです。

CIMG7383.JPG
「自分を見つめる双美さんハートたち(複数ハート)
先月20日(土)、OBS番組「大分のろまめし」に出た双美さん。
この後、味噌玉の注文が殺到しました。
テレビの力は馬鹿にしちゃいけない...
九州の皆様、ご注文頂き本当に有難うございます!!!

CIMG7406.JPG
「豆もやし」
お姉さんが届けてくれました。
このすごさが伝わるかなーとっても長いんです。
お鍋からあふれるほどに。
そして湯がいてもそんなにふにゃっとせず、
歯ごたえがあるのです。やみつきになります。

CIMG7586.JPG
「満開椿」
何でもない風景が本当にありがたく、
ただそこにあるだけで本当にうれしい。
目に入りきらないほどの美しさ。

CIMG7629.JPG
「ふきのとう」
小学生の頃、童話作家工藤直子さんのお話の中で
はじめて「ふきのとう」というものを知りました。
お話の世界から現実の世界へ。
私にとって今ここが夢の中にいるようです。
 
posted by たけけん at 12:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記