2010年03月26日

働き隊レポート:人生に向かう竹田生活を通してA

平成21年度田舎で働き隊成果発表会の模様です。
(3/18〜19日、国立オリンピック記念青少年総合センター・
 衆議院会館)
9696969696.jpg
CIMG7890.JPG
竹田市の展示ブースはこのようにぎやかになりました。
短い期間にも関わらず、それぞれの地域で様々な研修を積んだ
同志たちは、それを踏まえて地域をより豊かにしていく提案を
示しており、感心するばかりでした。

私はあまり大きなことや難しいビジネスというものは、
最後までよく分かりませんでした。
だから、等身サイズではありますが、
手書きの文字や絵、写真を用いながら体験を通して感じた、
私なりに出来る精一杯の想いを伝えることにしました。
写真は手にとって見てもらえるようにしました。

プレゼンテーションでグランプリに輝いたのは、
廃棄される銀杏の活用法を考え取り組んだ小国町の研修生でした。
CIMG7961.JPG

研修生の中には、その地域の自然の美しさに魅了され、
移住することを決めた人もいます。

私はこの研修期間を通して、
自分自身の仕事を見つける、
自分で仕事を起こすというころまで何も出来ませんでした。
未だに生き方を模索している段階です。

いつか、自然豊かな場所で暮らせる夢に近づけるように
また色々なことに挑戦して、
自分自身を高めていきたいと思います。
「あなたは竹田に来て幸せにならんといけんのよ。」
と、優しく言葉をかけてもらったことがあります。
そんな風に伝えてもらったことは本当に嬉しく、
自身の心の中に今もじーんと響いています。
大切にする価値がある。
幸せになる価値がある。

今はまだはっきりと分からないこともあるけれど、
いつか、この様々なな経験を形にして、
お世話になった皆様に恩返しが出来るようになれたらと思います。
本当にお世話になりました。感謝。
posted by たけけん at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

働き隊レポート:人生に向かう竹田生活を通して@

おたまや公園事務所からこんにちは。
ご無沙汰しておりました。
田舎で働き隊の松澤です。
もう、すっかり竹田は桜も満開。
黄色や紫、桃色と色とりどりの花が咲き乱れ、
少し肌寒いですが、春ですね...
CIMG8067.JPG
「愛染堂の春」

先週は、東京にて田舎で働き隊の成果発表会。
戻ってからは、新パッケージ事業終了「大感謝祭!」
そして、母の実家の手伝いへと出向き、
バタバタしておりました。
それにしても大感謝祭は、体験イベントも、
つまみぐいコーナーも本当に大盛況でした。
皆様、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
CIMG8033.JPG
「なごやかムードで行われた味噌玉づくり体験」

。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。。・。・。
私が竹田へ来てから早いもので約半年が経ちました。
私はこの3月いっぱいで研修を終えます。
本当にあっという間だった、
ふるさと起業塾、田舎で働き隊。
竹田生活。

この竹田での研修を通して、
本当に様々な体験をさせて頂きました。
私にとっては一生もんの宝物のような時間。
このようなご縁を頂いたこと、
優しく温かく受け入れて下った皆様に、
本当に感謝しています。

また、大げさな表現かもしれませんが、
人生と向き合った研修であったと感じています。
色々と感じることや学ぶことが多く、
自分自身の根本を見つめ直す日々でした。
研修を終えようとする今、
竹田に来る前からの想いや夢は、
変わらないままこの胸にあります。

ただ少し違っているのが、
改めて大地と触れ合う「農ある暮らしがしたい」、
「百姓のようになりたい」と強く思うようになったことです。
自分自身の再確認が出来、新たな想いが重なり、
夢がどんどん膨らんでいます。
CIMG7539.JPG
「きらきらシイタケ」

CIMG8156.JPG

「おたまやの桜、満開」

CIMG8167.JPG

<私が研修期間中にさせて頂いた様々な事柄>
*エリアラボたけた勤務(電話対応・接客対応、事業パネル展示、
 研究会等イベント開催、エリアラボカフェとして試験販売、
 商品のデザイン化現場・POP設置)
*志土知農産加工所でちょろぎ掃除・JA出荷準備
*荻町農産物加工所トマトジュース作り
*週末限定自然食農家レストラン「ニンナナンナ」で
 クリスマス菓子パンシュトーレン作り・ソーセージ作り
*佐藤双美さん宅カボスもぎ・味噌玉作り・麦麹作り
 住み込み研修(玉ネギの皮染色、椎茸取り、麹寝かせ、
 味噌玉作り・健康酢大豆・包装・納品・注文電話対応等)
posted by たけけん at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記