2010年03月04日

働き隊レポート:「夢」

エリアラボからこんにちは。
働き隊の松澤です。
今日はしとしと雨です。
大分の方言では、
「雨が降りよる。」
「雨が降っちょる。」を使い分けをします。
皆さん、違いがわかりますか??

昨日は、憧れのインタープリターREXのブログから、
「夢を100個書いてみる!」
というものを何となく自分でもやってみました。
ささやかなものでもとにかく100個。
書いてみて、100個を超えました。
どんどん出てきて、
自分にこんなに「夢」があるんだとびっくり。


さて、今日は双美さんと見たちょっとしたひとコマ、
幸せな風景をお届けしたいと思います。

たった二週間でしたが、
一緒に過ごさせていただく中で、
やっぱり何かしらの農ある暮らしがしたい、
お百姓さんのようになりたいなぁと、
実感を持って、考えるようになりました。
CIMG7238.JPG
「いりこの頭と腸とり」
美味しくするためのちょっとしたひと手間。
味噌玉のお出汁になります。

CIMG7244.JPG
「手作りかりんとう」
双美さんはひと手間を惜しみません。
家で食べるお菓子も手作りしたり、果物をむいたり・・
美味しい淡雪の作り方も教えてもらいました。
私もこういうお母さんになりたいです。

CIMG7383.JPG
「自分を見つめる双美さんハートたち(複数ハート)
先月20日(土)、OBS番組「大分のろまめし」に出た双美さん。
この後、味噌玉の注文が殺到しました。
テレビの力は馬鹿にしちゃいけない...
九州の皆様、ご注文頂き本当に有難うございます!!!

CIMG7406.JPG
「豆もやし」
お姉さんが届けてくれました。
このすごさが伝わるかなーとっても長いんです。
お鍋からあふれるほどに。
そして湯がいてもそんなにふにゃっとせず、
歯ごたえがあるのです。やみつきになります。

CIMG7586.JPG
「満開椿」
何でもない風景が本当にありがたく、
ただそこにあるだけで本当にうれしい。
目に入りきらないほどの美しさ。

CIMG7629.JPG
「ふきのとう」
小学生の頃、童話作家工藤直子さんのお話の中で
はじめて「ふきのとう」というものを知りました。
お話の世界から現実の世界へ。
私にとって今ここが夢の中にいるようです。
 
posted by たけけん at 12:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして。高知の四万十川中流域在住の
者です。
「田舎で働き隊」等、若者の地方での就業を
支援する取組みに関心がありまして、度々
貴ブログを拝見しておりました。

高知県西部でも「雨が降りよる」「雨が
降っちょる(う)」と使います。
豊後水道を挟んでいるとはいえ、案外
瀬戸内圏等海を越えるところでも文化的に
共通点があるのかもしれませんね。

私の住んでいるところも中山間部にあたり、
冬になれば寒く、積雪も結構あるので、
距離的に近く、環境的にも似たところのある
竹田市の地域振興についての取組みに関して
強い興味を持っております。
今回、文化的にも共通点がある事を知り、
改めて関心が強まりました。
ありがとうございます。

できれば、竹田市の食育ツーリズムやその他
取組み・実践について知るべく、就業・研修の
機会があれば、と存じております。
よろしければ、改めて相談先や連絡先等
お知らせ頂ければ幸いに存じます。
以上、何卒よろしくお願い申し上げます。
Posted by t.m at 2010年03月06日 13:17
コメント有難うございます。
また、ブログを見て下さって有難うございます。
とても励みになります♪

それにしても、高知県でも
そのような言い回しをするのですね〜
面白いですね!
私はどちらも現在進行形のような
気がしてしまうのですが・・
海を越えても似ているところがあるのですね。


また、竹田市の取り組みについても、
ご興味・ご関心を持って頂き、
大変有り難く存じます。

竹田市食育ツーリズムでは、
「食づくり」と「観光」関連で20の研究会が活動し、
地域内発型の起業、雇用創出を目指して取り組んでいます。

竹田市経済活性化促進協議会(活性化推進室)の事業推進員が
詳しいお話やご相談等対応いたしますので、
宜しければ一度、活性化推進室へご連絡頂ければと思います。
以下、連絡先になります。

■竹田市経済活性化促進協議会(活性化推進室)
〒878-0011
竹田市大字会々2027-1(おたまや公園内)
TEL: 0974-62-2122
E-mail: jimukyoku<★>otamaya.jp
<★>の部分を<アットマーク>に変えて送信して下さい。

また、エリアラボたけたは、活性化推進室おたまや事務所の
サテライトオフィスとなっています。
■Area Labo Taketa(地元の元気創造機構)
〒878-0012
竹田市大字竹田町390-1(大分銀行前)
TEL&FAX:0974-62-3888
Posted by きょん at 2010年03月08日 10:00
早々の御返答、誠にありがとうございます。

実は先日の書き込みについてですが、
「前者は現在進行形、後者が過去形」という
部分が欠落しておりました。
ここでお詫びし訂正させて頂きます。
誠に申し訳ありません。

また余談ですが、高知県中央部では
「雨が降っちゅう」という言葉を現在進行形
にも過去形にも使います。
(区別は状況やニュアンスでつけます)
このような活用は全国的にも珍しいそうです。

また、事業の詳細なご説明や連絡先の御紹介、ありがとうございます。
近日中にメールにて連絡させて頂きます。
以上、御多忙中失礼致しました。
貴市の益々の御発展並びに松澤様のご健勝と
益々の御活躍をお祈り申し上げます。
Posted by t.m at 2010年03月09日 11:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35972949
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック